終活の一つとして

ノート

自分の思いを残す

ここ数年でエンディングノートという言葉が定着しました。自分の人生を振り返り、大切な人へ思いを伝える為に書いておくノートです。終活の一つです。 しかし自分の人生を振り返る、大事な手続きのことなどどこから書き始めていいのやら。あれもこれも書かなければと膨大な情報の整理に途方に暮れてしまうのかもしれません。そのような場合に便利なのが、書店や文房具店で売られているエンディングノートです。書き込み式になっているので、書き忘れもなく進めていくことができます。 でもどの情報から書き込もうと迷った場合は、緊急時に必要なことから書きましょう。保険証やかかりつけ医、飲んでいる薬、そして加入している保険の証券や担当者名。親戚や友人知人の連絡先も必要です。いざという時に周囲の人が困らないように、これらの情報は必ず残しましょう。 次にお葬式についての要望。今は終活の一つで葬儀場の会員になって既にお葬式費用を払い済みという方も多いのではないでしょうか。それらの詳細や、また葬儀で流して欲しい曲なんかも書いておいても良いでしょう。 そして自分の人生について。きっと書くことが多すぎてなかなかまとまりませんね。そのような時はランキング形式もおススメです。楽しかった事、辛かったこと、感動したことベスト10のように箇条書きにすると書きやすいかもしれません。 自分の意思を伝えるという面では遺言書と何が違うのかというと、法的に効力があるかどうかです。エンディングノートにはありません。財産分与などは遺言書で残すことをお考え下さい。 エンディングノートは作成の期限もありません。何度でも書き直しが出来ます。ゆっくりじっくり取り組んでみてはいかがでしょうか。